メルカリ1Q決算まとめ:メルペイ利用者数500万人突破

メルカリ1Q決算まとめ:メルペイ利用者数500万人突破

日米で積極的な成長投資を続けるフリマアプリ「メルカリ」が1Q決算を発表しました。

売上高は145億円と前年比37.9%増収、対して営業損失はマイナス70億円で2.8倍に大きく膨らみました。メルペイを除いた連結GMVは1,385億円(+29%)まで拡大しています。

メルカリは20/6期を「グロースを最優先した投資を継続する勝負の年」として位置付けています。

メルカリ JP:出品の拡大による更なる成長
メルペイ:キャッシュレス市場で確固たるポジション獲得
メルカリ US:月間GMV1億ドル達成

3本柱で同時にアクセルを踏むメルカリがどのようなスタートを切ったのか、1Q決算について詳しくチェックしていきます。

JP:GMV横ばい、出品重視の「オフライン施策」強化

はじめに売上の8割以上を担う国内メルカリ事業を確認します。

この続きを見るには
(2038文字 画像8枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード