「アラムコ上場目論見書から見える石油産業のピーク」など:注目ニュースを図解

「アラムコ上場目論見書から見える石油産業のピーク」など:注目ニュースを図解

2019年11月12日 07:00

おはようございます!

先日Facebookは、「政治広告は許されるべき」とする表明をCEOのマーク・ザッカーバーグ氏が行い、大きな議論を呼びました。

その一方、グループ内の別プロダクトであるInstagram、さらにその中の動画専用プラットフォーム「IGTV」では、別のルールを設けているようです。

Instagram、セレブの動画製作コストを負担

IGTVは2018年6月にリリースされました。Facebookにとって数少ない脅威とも言える「YouTube」への当て馬とも言えるサービスですが、今の所はとても勝てそうにはありません。

Instagram自体は10億人を超えるユーザーがおり、強力なインフルエンサーも少なくありません。しかし、彼らが動画を投稿してくれれば、という目論見は大きく外れ、IGTVではほとんど動画を投稿してくれませんでした。

そこでInstagram側が取った選択肢が、「IGTV上に動画を投稿してくれるなら、コンテンツ作成費用を支援する」というもの。Bloombergの報道によると、最大の取引では「20投稿以上する代わり、25万ドル支援する」というものもあるそうです。かなり巨額ですね。

一方で、IGTVの場合にはFacebook本体とは相反するルールが追加されます。「政治的なコンテンツを含んではいけない」というのです。Facebookでは「問題なし」とされているわけなので、ポリシーとしては相反するもの。

グループ内で異なるポリシーが適用されるというのは、少し奇妙です。あくまで一時的なものなのか、根本的に重要な理由があるのか。今後どう動いていくのか気になるところです。

参考:Instagram Covers Celebrity Video Costs — If They Avoid Politics

「アラムコ」目論見書から見える石油産業のピーク

サウジアラビアの国営石油企業「サウジアラムコ」がいよいよ上場するということで、目論見書が公開されました。

この続きを見るには
(2220文字 画像4枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード