「ヤフーとLINEが統合へ」など:注目経済ニュース図解

「ヤフーとLINEが統合へ」など:注目経済ニュース図解

2019年11月15日 07:00

おはようございます!

昨日はとんでもないビッグニュースがありました。LINEとヤフーの統合。

LINE Payは先日の決算でマーケティング投資を少し絞っている様子が明らかになっていましたが、まさか裏側で「終戦協定を結んでいた」とは。

アメリカでは大企業が統合する話は珍しくないように思いますが、日本のインターネット業界では(このレベルでの統合は)かつてなかったように思います。

巨大インターネットグループが誕生?

まずは、ヤフーとLINEの統合スキームについて、しっかりと理解しておきましょう。

今回の統合案は、Zホールディングス(ヤフー親会社)の株式を4割強握っているソフトバンクと、LINEの株式を7割超保有する韓国の「ネイバー」が50%ずつ出資する新会社をつくり、ZHDの7割程度を握る親会社になるというもの。

そして、ZHDの傘下にはヤフーとLINEが100%子会社として並びます。日本の2大プラットフォームが同一グループになるという、実現すれば大きな一手。

かねてより、ソフトバンクグループの孫正義氏は「徹底してプラットフォーマーとしての地位を狙う」という方針を打ち出してきました。かつて「ヤフーグルメ」が万年3位だったとき、『食べログ』と『ぐるなび』両方買収することを真剣に検討したという逸話もあるほど。

このディールが実現すれば、まさに孫正義ワールドの本領発揮といったところ。対抗馬である楽天グループにとっては「最強の敵」が現れることになります。

ヤフーとLINEの連携は、Amazonをはじめとする海外勢と戦う上でも大きな基盤になるのは確実。より大きな「規模」をもってして、インターネット産業がどのように変化していくか今後も目が離せません。

参考:ヤフー・LINE統合へ

決済も取り込む「Facebook Pay」

 Facebook社が、自前の決済サービス「Facebook Pay」をスタートするようです。

この続きを見るには
(2475文字 画像4枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード