「パークシャ」19/9期決算:駐車場機器メーカー買収で売上2倍

「パークシャ」19/9期決算:駐車場機器メーカー買収で売上2倍

東大発の人工知能ベンチャー「パークシャ(PKSHA Technology)」の2019年9月期決算が発表されました。

売上は前年の2倍となる30.6億円、営業利益は7.2億円と業績を急拡大させています。

2019年6月、ハードウェア企業である「アイドラ」買収を発表して新たなステージに突入したパークシャの現在地と将来展望を最新決算から整理していきます。

OEMから「自社ソフト販売」へと軸足シフト

パークシャは機械学習などを用いた企業の生産性を高めるためのAI技術を提供しています。

ビジネスモデルは大きく「ライセンス提供」と「自社ソフト販売」の2つ。

この続きを見るには
(1362文字 画像6枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード