高機能OCRで売上13億円予定!創業4年「AI inside」が東証マザーズ上場

高機能OCRで売上13億円予定!創業4年「AI inside」が東証マザーズ上場

2019年11月23日 12:00

AI(人工知能)の重要性が叫ばれる現代、2015年に創業したばかりのAIベンチャー「AI inside」が東証マザーズへの上場を承認されました。

創業から4年、ものすごい勢いで成長を続けており、今年上半期の売上は6.1億円と前年通期をすでに超えています。赤字も解消し、上半期時点で1.8億円の経常利益。

2020年3月期の業績予想も発表しており、売上高13億3,500万円(前年比3倍)、営業利益は2億1,100万円に達する見込み。

東証マザーズへのスピード上場を行うAI insideがどのような事業を展開しているのか、上場目論見書を紐解いてみましょう。

粗い文字でも読み取れる『Intelligent OCR』

AI Inside創業者の渡久地 択氏は1984年生まれ。

この続きを見るには
(2435文字 画像6枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード