「SHOWROOM、外部資本を本格受け入れ」など!注目ニュース5本を図解

「SHOWROOM、外部資本を本格受け入れ」など!注目ニュース5本を図解

2019年11月22日 07:00

おはようございます!

財務省と農林水産省は、官民ファンド『A-FIVE』による新規投資を2020年度末にも停止するつもりのようです。

複数投資先の不振で累積損失が100億円規模にふくらんでおり、投資資金の回収に専念させるとのこと。当初の解散時期は2032年度の計画でしたから、大幅な前倒しです。

クールジャパン機構など赤字が目立つ官民ファンドは累損が合計460億円になる見通し。

それでは今日も、注目ニュースを図解していきましょう!

SHOWROOM、外部資本を本格受け入れ

2013年にDeNAの新規事業としてスタートした『SHOWROOM』が、第二創業期を迎えています。

SHOWROOMがサービスを開始したのは2013年11月。発案したのは著作などでも有名な前田裕二氏。創業者である南場智子氏からの熱いスカウトを受けて入社してからのサービス立ち上げでした。

この続きを見るには
(2825文字 画像4枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード