アリババの企業価値を考えたらやはりヤバいことになった

2017年08月16日 12:53

アリババの企業価値について考えてみます。

個人的にはアリババは近い将来に世界の時価総額トップ3社くらいには入るんじゃないかと思っているのですが、現時点でどれだけのキャッシュフローを生み出しているかを元に、より具体的に考えてみたいと思います。

アリババのフリーキャッシュフローの推移は次のようになっています。

2013年の197億人民元(3236億円)から、2017年には687億元(1兆1303億円)へと急増しています。

年平均成長率を求めると38.32%となりました。このことから、今後5年間のフリーキャッシュフローの推移を予測してみます。

企業価値を計算するにあたり、割引率として中国長期国債利回り(3.596%)をそのまま用います。

これは、「フリーキャッシュフローの予測自体に幅を持たせることで、割引率にはベータなどのリスク分を含まなくて済むようにする」という考え方によるものです。

保守的ケース

まずは保守的なケース。この場合では、今後5年の平均フリーキャッシュフロー成長率を10%とし、その後の永久成長率を世界のGDP成長率とされる2.7%とします。


2018 2019 2020 2021 2022
予測FCF 756億6900万 832億3600万 915億5900万 1007億1500万 1107億8700万
現在価値 729億4794万2760 773億5730万1149 820億3254万8288 869億9101万011 922億4951万957
割引率 0.03596
永久成長率 0.027
継続価値 12兆6984億6529万178
企業価値 13兆1100億4360万3344

なんとこの保守的な試算でも、企業価値は13兆人民元(217兆円)となってしまいました。現在の時価総額が2.6兆元ですから、少なくとも5倍の価値がある計算になりました。

続いて、もう少し現実的な試算です。

このケースでは、今後のキャッシュフロー成長率をYoY20%とし、永久成長率を同じく2.7%とします。

2018 2019 2020 2021 2022
予測FCF 825億4800万 990億5800万 1188億6900万 1426億4300万 1711億7200万
現在価値 795億7957万3920 920億6184万2679 1065億102万1008 1232億566万5898 1425億3056万1253
割引率 0.03596
永久成長率 0.027
継続価値 19兆6198億2633万9285
企業価値 20兆1637億500万4044

20兆元(330兆円)となりました。やばい。

最後に、現在の成長スピードにかなり近い水準(YoY30%)で5年間進んだ場合を考えます。

2018 2019 2020 2021 2022
予測FCF 894億2700万 1162億5500万 1511億3200万 1964億7100万 2554億1200万
現在価値 862億1120万5080 1080億4427万2252 1354億714万8264 1696億9876万1136 2126億7506万1989
割引率 0.03596
永久成長率 0.027
継続価値 29兆2754億6026万7857
企業価値 29兆9874億9671万6577

企業価値はほぼ30兆元(496兆円)となりました。


現在の世界1位であるアップルの時価総額が80兆円ほどということを考えると、にわかには信じがたいことですが、現在のアリババの成長がどれだけ続くかによって同社の企業価値は大きく変わります。

その点に関して自分の頭で考えて、どれだけ強気なのかがアリババに対する評価のポイントと言えると思います。


個人的には、アリババの時価総額が1000億ドル、あるいは100兆円に達するのは時間の問題なのではと思います。

同社の高い収益性とすでに確立された圧倒的な競合優位性、そして中国経済の高い成長性を考えれば、5年後に世界の時価総額ランキングでトップとなっている可能性も小さくありません。

あるいは、同じくインターネット小売業のアマゾンなのではないかなーと個人的には夢想しております。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード