ソフトバンク孫正義氏が50億ドルの投資を約束

2016年12月09日 00:03

これも記録しておこう。

ドナルド・トランプ氏のアメリカ大統領就任が決まり、ソフトバンク代表の孫正義氏がトランプ氏を訪問、米国においてスタートアップ企業に投資することにより、「50億ドルの投資と5万の雇用創出」を行うことを約束した。

インタビュアーが孫さんのことをフォックスコンの人だと勘違いしているのが可笑しいが、SpringやARMなど、多くのインターネット企業に投資してきたんだよ、とアピール。また、トランプ氏が規制緩和をする、という見通しにも触れている。


狙いはソフトバンクという企業の米国における認知度向上だろうか。5000億円投資する、というのも彼が言うのであれば本気なんだろうという気がする。

その存在をアピールするためにはかなり効果的なインタビューだったと思う。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード