12月に新規上場する企業を総チェック(後編)

12月に新規上場する企業を総チェック(後編)

中編までで、メドレーやフリーなど、12月に新規上場を予定しているベンチャー14社について、業績とIPOの条件、事業内容について急ピッチで確認しました。

今回は、残り8社をチェックしたいと思います。これで全てカバーです!

レンタルスペース「スペースマーケット」

レンタルスペースを予約できる「スペースマーケット」。2014年1月設立ということで、まだ創業5年目です。  

サービスは、スペースを「出品」したい物件オーナー(ホスト)と、スペースを「利用」したいユーザー(ゲスト)をマッチングさせ、手数料を受け取るという仕組み。

ホストにとっては、活用しきれていない遊休不動産を収益化できるメリットがありますし、ゲストにとっては11,900件もの物件からスペースを探し、柔軟に予約できます。

ゲストからスペース料金の5%を受け取り、ホストからもスペース料金の30%を受け取るという構造で、2018年のGMV(流通総額)は13.9億円。今年度は3Q累計で16億円を超えています。

 今後も「小〜中規模のパーティ可能スペース」に注力していき、1年で利用されるのべスペース数を8万とすることを目標(2018年は2.1万)としています。 

過去エントリ:場所レンタル「スペースマーケット」が東証マザーズ上場

売上1,000億円超!「なんでも酒やカクヤス」 

この続きを見るには
(3453文字 画像7枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード