『楽楽精算』導入数5万社を目指す「ラクス」2Q決算まとめ

『楽楽精算』導入数5万社を目指す「ラクス」2Q決算まとめ

2019年11月30日 18:00

経費精算システム『楽々精算』を展開する「ラクス」2Q決算が11月13日、発表されました。

今期上半期の売上は53.9億円と、前年+32.3%の増収です。一方で、営業利益は6.76億円で横ばい。

ラクスは今、減益覚悟での成長投資を拡大中。時価総額は1846億円を超え、日本の上場企業としてはまだ多くないSaaS企業として市場からの期待を集めています。

それでは、ラクスの決算について紐解いてみましょう。

クラウド、IT人材事業ともに+30%増収

ラクスの事業は、「クラウド事業」「IT人材事業」の大きく二つに分けることができます。

この続きを見るには
(1669文字 画像7枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード