世界に1000人のバイヤー組織!割引小売でありながら営業利益率13%に達するアメリカのオフプライス小売チェーン「TJX」とは

今回取り上げるのは、アメリカのオフプライス(割引)小売チェーンの「TJX Companies」です。

創業は1977年で、現在のメイン業態である「T.J. Maxx」の店舗をマサチューセッツ州のAuburnとWorcesterに展開したことが始まり。

1990年にはWinners Apparelの買収によりカナダに、1994年には「T.K. Maxx」の展開によりヨーロッパに進出。

2002年以降の業績推移を見てみます。

2002年1月期の売上高は107億899万ドルでしたが、2017年1月期には331億8374万ドルにまで成長。

驚くのは、営業利益率が13%にまで上昇していることです。

オフプライスの小売チェーンでありながら、TJXはどうして利益率を向上させることができているのでしょうか?

今回のエントリでは、TJXの事業と決算数値をさかのぼって整理してみたいとおもいます。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
月額1980円のStockclipサポート会員になっていただく必要があります。


Stockclipサポート会員登録
または
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加