2015年度 大和証券グループの業績

2017年01月09日 19:28

要点

・2015年度の営業収益は6537億円、当期純利益は1168億円

・従業員数は13701名おり、6292名がリテール部門、2167名がホールセール部門、720名がアセット・マネジメント部門、98名が投資部門

・収益の内訳はリテール部門が2179億円、ホールセール部門が1780億円、アセット・マネジメント部門が505億円、投資部門が197億円


全体の業績推移

近年の収益は6000億円ちょっとで安定しているようだ。2008年度、2010年度、2011年度には赤字を計上している。


事業と組織の内容

大和証券グループは子会社50社、関連会社10社から構成され、有価証券関連業を中心とする投資・金融サービスを行い、有価証券やデリバティブ商品の売買などのサービスを提供する。

主要セグメントとして「リテール部門」「ホールセール部門」「アセット・マネジメンt部門」「投資部門」などがある。

全体の従業員数は13701名おり、6292名がリテール部門、2167名がホールセール部門、720名がアセット・マネジメント部門、98名が投資部門に属している。


事業ごとの収益を見てみよう。


リテール部門の収益が最も大きく2179億円。全体の4割以上を占めている。ホールセール部門は1780億円の売上。続いてアセット・マネジメント部門が505億円、投資部門が197億円の収益となっている。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード