営業利益率が33%にまで向上したNVIDIAの四半期決算数値まとめ

2017年11月10日 15:19

いわゆるディープ・ラーニング領域において不可欠なGPUのメーカーとして注目を集めるNVIDIA社の2018年1月期の3Q決算が出ました。

業績ハイライト

・売上高は26億4000万ドル(YoY+32%)

・GAAP EPS(一株あたり利益)は1.33ドル(YoY+60%)

・全てのプラットフォームで成長

・四半期の現金配当は7%増加し、一株あたり0.15ドルに。来期は株主に12億5000万ドルを配当する予定

創業者・CEOのJensen Huang氏によるコメント

「全ての成長領域において素晴らしい四半期だった。世界中の産業がAIの採用に向けて加速している。

この続きを見るには
(1447文字 画像8枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

Stockclipサポート会員登録
または
この記事に関するキーワード
テクノロジー NVIDIA