【2016年12月期】アサヒグループの業績内訳

2016年12月期の売上収益は1兆7069億円、税引前利益が1501億円。

事業セグメントと概要は以下の通り。

酒類事業

ビール類、低アルコール飲料などの製造販売、焼酎、洋酒、ワインなどの販売。

子会社のニッカウヰスキーでは焼酎・洋酒、さつま司酒造で焼酎の製造。

ビヤホール・レストランなどの経営も。

飲料事業

子会社のアサヒ飲料とカルピスで各種飲料の製造販売を行なっている。

食品事業

ベビーフード・菓子・フリーズドライ食品・サプリメントなどの製造

国際事業

北米、中国、ニュージーランド、オーストラリア、マレーシアなどでビールや酒類、飲料の販売

英国においてゴルフ場の経営なども。

その他

アサヒグループ製品の運送、物流センターの管理、倉庫業など、グループ全体の補完業務

連結従業員数の内訳

連結従業員23619人のうち、国際事業に10213人(43%)、酒類事業に5906人(25%)、飲料事業に3532人(15%)、食品事業に1290人(5%)が従事。


セグメント別販売実績

売上高1兆7069億円のうち、酒類が9766億円で全体の54%を占める。飲料が3639億円(20%)、食品が1108億円(6%)、国際が2503億円(14%)。


地域ごとの売上

売上高1兆7069億円のうち国内が1兆4397億円と84%をしめ、海外は2672億円で16%程度。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード