【2016年3月期】味の素の業績内訳

2017年04月25日 12:16

2016年3月期の売上高は1兆1860億円、経常利益943億円。

事業セグメントと概要は以下の通り。

日本食品

調味料・加工食品(「味の素®」「ほんだし®」「CookDo®」「クノール®カップスープ」「ピュアセレクト®マヨネーズ」など)

冷凍食品(「ギョーザ」「やわらか若鶏から揚げ」「洋食亭®ジューシーハンバーグ」など)

コーヒー類(「Blendy®」「MAXIM®」など)

海外食品

調味料・加工食品、冷凍食品、加工用うま味調味料・甘味料

ライフサポート

動物栄養、化成品

ヘルスケア

アミノ酸、医薬など

その他

油脂、包材、物流、サービスなど

連結従業員数の内訳

連結従業員33295人のうち、海外食品は18522人で全体の56%を占める。日本食品は5304名で16%、ヘルスケアに3398人(10%)、ライフサポートに3207人(6%)。


セグメント別売上高

売上高1兆1860億円のうち、海外食品が4639億円と全体の39%を占める。日本食品は3944億円(33%)、ライフサポートが1424億円(12%)、ヘルスケアが1308億円(11%)。


セグメント別利益

セグメント別利益を見ると、海外食品が420億円と全体の46%、日本食品が314億円と34.5%を占める。ライフサポートは118億円(13%)、ヘルスケアは54億円(6%)を稼いでいる。


地域別の売上高

売上高1兆1860億円のうち、日本は5561億円と47%を占める。続いてアジアで2823億円(24%)、米州で2404億円(20%)、欧州で1072億円(9%)を売り上げている。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード