【2016年2月期】ファミリーマートの業績内訳

2017年04月25日 11:57

2016年2月期の営業総収入は4277億円、経常利益が519億円。2016年にファミリーマートとサークルKサンクスの母体であるユニーグループ・ホールディングスが経営統合しているが、それよりも前の業績である。

事業セグメントとそれぞれの内容は次の通りだが、基本的にはコンビニ事業である。

内事業(18社)

①コンビニエンスストア事業

ファミリーマートを国内で展開

②その他

会計事務など店舗関連サービス、EC、宅配、クレジットカード、ポイント運営(Tポイント・ジャパン)など

海外事業(27社)

コンビニエンスストア事業を台湾、中国、タイ、フィリピンなどで展開


連結従業員数の内訳

連結従業員7622人のうち、4747人が国内、2875人が海外事業に従事。


セグメント別売上高

売上高4277億円のうち、国内が3710億円、海外が567億円。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード