【2016年2月期】髙島屋の事業セグメントと業績の内訳

2017年04月19日 10:40

髙島屋の2016年2月期の売上高は9296億円、経常利益378億円。

子会社33社と関連会社13社を有し、百貨店事業のほかに不動産業、金融業、建装事業などを展開している。以下は事業セグメントとその概要。

百貨店業

百貨店での小売業。専門店、飲食業を含む

不動産業

不動産管理とショッピングセンターなどの運営

金融業

クレジットカードの発行やグループ各社の金融業

建装事業

内装工事の受注・施工

その他

グループ各社への商品の供給や広告宣伝、レジャー関連業、通信販売など


連結従業員7315名のうち5834名が百貨店業に従事。


セグメント別販売実績

売上全体の84%ほどが百貨店業から。あまり面白みはない。

セグメント別利益

営業利益329億円の内訳をみると、百貨店業は149億円で45%を占め、不動産業が103億円で31%を占めている。金融業は44億円で13%。これはちょっと面白い。


シェア/お気に入り
資料をダウンロード