【2016年3月期】王子ホールディングスの業績内訳

2017年04月25日 11:30

2016年3月期の売上高は1兆4336億円、経常利益624億円。

事業セグメントとその概要は以下の通り。

生活産業資材

段ボール原紙、段ボール加工、白板紙、放送用紙、紙器、紙袋、家庭紙、紙おむつなどの製造販売を行う。

機能材

特殊紙、感熱紙、粘着紙、フィルムなどを製造販売。

資源環境ビジネス

木材、パルプ、エネルギーに関わる事業。パルプの製造販売など。

印刷情報メディア

新聞用紙、印刷・出版・情報用紙などを製造販売。文具・紙製品も。

その他

プラント・機械類の設計製作や輸送・倉庫業など


連結従業員数の内訳

連結従業員33605人のうち、15569名が生活産業資材セグメント、4531人が機能材セグメント、7205人が資源環境ビジネスセグメント、3575人が印刷情報メディアセグメントに従事。


セグメント別売上高

売上高1兆4336億円のうち、生活産業資材が5620億円(39.2%)、機能材が1931億円(13.5%)、資源環境ビジネスが2243億円(13.7%)、印刷情報メディアが2798億円(19.5%)を売り上げている。


セグメント別利益

セグメント利益で見ると、資源環境ビジネスが315億円と全体の43%、生活産業資材が188億円と25.6%を稼いでいる。機能材は119億円(16.3%)、印刷情報メディアは23億円(3.1%)。

資源環境ビジネスは利益率が高そう。

地域別の売上高

売上高1兆4336億円のうち、日本が1兆346億円と72%を占める。その他、大きいのはアジアが2305億円(16%)、オセアニアが619億円(4.3%)。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード