クレジットカード事業などで大きく稼ぐキャピタルワン・フィナンシャル

キャピタルワン・フィナンシャルは米国ニュージャージー州に本社をおく銀行持株会社で、クレジットカードやローン、投資などの多様な金融サービスを提供しています。

主要子会社のキャピタルワンは1988年創業ということで、金融機関としては新しい部類に入ると思います。

まずは同社の業績推移をみてみましょう。

2003年の収益は43億ドルでしたが、2016年には255億ドルと大きく成長しています。

利益率も2008-2009年を除いて概ね20%以上をキープしており、高い水準にあります。

次に、セグメント収益の推移をみてみます。

最も大きな収益をあげているのはクレジットカード事業で、2008年の120億ドルから2016年には160億ドルにまで成長しています。

次に大きい消費者向け銀行事業は、2008年の37億ドルから2016年には65億ドルに増大。

企業向け銀行事業は11億ドルから28億ドルに収益を拡大しています。

もう一つ、預金残高の推移をみてみます。

預金残高は2012年以降は2000億ドルと一気に大きくなっています。20兆円。

キャッシュフロー分析

最後に、キャピタルワン・フィナンシャルのキャッシュフローの推移を調べます。

営業キャッシュフローに対して設備投資の額が極めて小さいのが特徴的です。

稼ぎ出すフリーキャッシュフローは2016年には100億ドルを超えました。


シェア/お気に入り
資料をダウンロード