ミッキー・マウスはいかにして生まれたか?ウォルトディズニー社の歴史と現在の事業、過去20年の事業数値まとめ

今回はウォルトディズニー・カンパニーについて取り上げます。創業からコングロマリット化するまでの歴史と、過去20年の事業数値についてまとめてみます。

アニメ制作者としての創業

始まりは1923年の夏、創業者のウォルト・ディズニーがカリフォルニア州にやってきたときにさかのぼります。

ディズニーはカリフォルニアに来る前に、無声映画とアニメーションを組み合わせた「Alice's Wonderland(不思議の国のアリスではない)」を制作していました。

これを「Alice Comedies」としてシリーズ化し、10月に配給契約を結びます。

その後4年間はAlice Comediesを作り続けますが、1927年になると全てアニメーションの映画を作ろうと決意。

ミッキー・マウスの誕生

そして作られたのが「Oswald the Lucky Rabbit」シリーズです。

なかなかシュールな内容です。

しかし、若きウォルト・ディズニーはオズワルドに関する権利を契約上持っておらず、契約先がディズニーのアニメーターをほとんど丸ごと奪ってしまいます。

オズワルドを失ったディズニーは新しいキャラクターを考えなくてはなりません。そんな中、チーフ・アニメーターだったアブ・アイワークスが生み出したのがミッキー・マウスです。

その頃には音声付きの映画が一斉を風靡しており、ミッキー・マウスも音声付きでデビュー。1928年11月28日のことでした。

ミッキー・マウスはすぐに成功しシリーズ化されます。そして、ディズニーは映画放映だけでなく、キャラクター製品のライセンス販売も収益化できることに気づきました。ミッキー付きの鉛筆を作るためのライセンスを売ったのです。

この続きを見るには
(2415文字 画像10枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
裏でエンタメ業界を牛耳ってる!? 格闘技グループUFCも買収した「Endeavor」が上場申請!

裏でエンタメ業界を牛耳ってる!? 格闘技グループUFCも買収した「Endeavor」が上場申請!

2019年05月25日 20:00

世界25ヶ国で700イベント以上をマネジメントする米国エンタメマーケティング企業「Endeavor」がNASDAQ市場に上場申請を提出しました。

Endeavorは2016年、アメリカのビジネス雑誌Fortuneより「世界で最も重要な非公開会社(25 Most Important Private Company)」に選出。"裏で世界を牛耳っている"とも言える会社です。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード