データ分析のVerisk Analytics株価がゆっくり右肩上がり

2017年01月07日 21:51

Verisk Analyticsはニュージャージーに本社を置くデータ分析の企業です。金融、保険、自然科学、政府機関、などのデータを分析し、様々な顧客に提供しています。中には震災、地震、天気、犯罪データなども含まれています。主にリスクマネジメントデータ、意思決定するためのシナリオデータなどがあります。2009年のナスダックに上場しています。


株価は 上場以来7年間ゆっくり上昇おり、2009年から現在まで約2倍に伸びています。


                                                                                                                   出所:Google Finance


業績

売上は2011年-2015年で平均成長率で14.8%とかなり好業績で売上を伸ばしています。

                                                                                                                                      出所:10-K


同社のEBITDAの成長も年平均成長で約15.7%あります。2011年EBITDAの$593Mから2015年で$1054Mと4年間約2倍の成長を見せています。

                                 出所:10-K

営業キャッシュ・フローと純利益をみてみると、しっかりと営業キャッシュフローが純利益を上回っています。

                                  出所:10-K


同社には主に2つの事業セグメントがあります。1つはRisk Assessment と Decision Analyticsです。Risk Assessment事業は主に、保険機関に対して、様々な自然科学データ、震災データ、天気データなどを提供しています。Decision Analyticsは様々な機関に対して経営の意思決定をできるのなデーターを提供しています。


                                  出所:10-K

EBITDAマージンも過去5年間40%以上をキープしており、2015年では50%を超え、高水準を保っています。

                                  出所:10-K




シェア/お気に入り
資料をダウンロード