2019年02月15日 12:00

増収率が62.9%に加速!ARPUが1万ドルを突破した「Twilio」2018年通期決算まとめ

増収率が62.9%に加速!ARPUが1万ドルを突破した「Twilio」2018年通期決算まとめ
通期売上は6.5億ドル(+62.9%)、営業損失はマイナス1.2億ドル
ARPU急上昇の要因は既存顧客の売上の増加、顧客企業数は6万社を突破
2019年の売上予想は10.8億ドル(+66.2%)、営業利益は黒字になる見込み

先日、SMSの配信サービスをクラウドで提供する「Twilio」(ティッカーシンボル: TWLO)の決算が発表されました。

通期売上は6.5億ドル(+62.9%)、営業損失はマイナス1.2億ドル

さっそく決算内容を確認していきます。 

2019年02月14日 07:00

増収率59.4%!年間GMVが400億ドルを突破した「Shopify」2018年通期決算まとめ

増収率59.4%!年間GMVが400億ドルを突破した「Shopify」2018年通期決算まとめ
通期売上は10.7億ドル(+59.4%増収)、営業損失はマイナス0.9億ドル
年間GMVが400億ドルを突破、Shopifyを利用する事業者の数も82.0万に増加
依然として積極的な投資を続ける、財務CFは10.7億ドルにまで増加

先日、カナダ発のEC支援サービス「Shopify」(ティッカーシンボル: SHOP)の決算が発表されました。

通期売上は10.7億ドル(+59.4%増収)、営業損失はマイナス0.9億ドル

という訳でさっそく今回の決算内容について確認していきます。 

2019年02月09日 20:00

コロプラやDeNAが赤字に転落!?国内インターネット企業10社最新決算まとめ

コロプラやDeNAが赤字に転落!?国内インターネット企業10社最新決算まとめ
コロプラ:上場以来、初の営業赤字を記録
DeNA:ゲーム事業で苦戦し、コロプラに続いて赤字に転落
GREE:直近2年間で初めて営業利益が10億円を下回る
ミクシィ:XTechとの協定で上場企業買収も見据えたM&A体制構築を本格化
GMOペパボ:事業の多角化が進み、過去最高収益を達成
エス・エム・エス:経営支援SaaS(カイポケ)のストック収益が10億円を突破
ミロク情報サービス:働き方改革やIT補助金の追い風を受け、14.8%の増収を達成
バリューコマース:売上・営業利益ともに過去最高を記録
手間いらず:中国の大手ホールセラーとの連携を開始
リンクバル:イベント掲載数、参加者数が順調に増え、21.9%の増収を達成

今週(2/4~8)は国内企業1,000社以上の決算が発表され、決算シーズンが佳境を迎えています。

今回は国内インターネット企業の最新決算についてまとめていきたいと思います。

まずは衰退ぶりが顕著に見られたソーシャルゲーム会社の決算について確認していきます。

2019年01月27日 07:00

居抜き店舗の又貸し!ターゲットを飲食店に絞り24.2%増収の「テンポイノベーション」

居抜き店舗の又貸し!ターゲットを飲食店に絞り24.2%増収の「テンポイノベーション」
会員数5万人の「居抜き店舗.com」を運営、売上は66.9億円(+24.2%)
テンポイノベーションの3つの特徴:「居抜き店舗」「飲食特化」「又貸し」
賃貸料の売上に対する割合は74.5%、差入保証金が資産の54.9%
不動産の市場規模は43.0兆円、21/3期には100億円を突破する計画

今回は、飲食店向けに居抜き店舗の又貸しを行う「テンポイノベーション」(証券コード:3484)についてまとめていきます。

会員数5万人の「居抜き店舗.com」を運営、売上は66.9億円(+24.2%)

テンポイノベーションは元々、レインズインターナショナル傘下で3005年に出店支援業としてスタート。

2019年01月25日 20:00

luckin coffee台頭の影響は?中国市場中心で見る「Starbucks」1Q19決算

luckin coffee台頭の影響は?中国市場中心で見る「Starbucks」1Q19決算
今四半期の売上は66億ドル(9.2%)、営業利益は10.2億ドル
luckin Coffee台頭の裏でスタバも店舗数を3,684店舗(+163店舗)まで伸ばす
中国におけるコーヒーショップの市場規模は今後6年で2倍に拡大

本日、Starbucks Coffeeの2019年9月期1Qの決算が発表されました。

ところで近頃、luckin coffeeの急成長で中国のコーヒーショップ市場に注目が集まっています。

そこで、スタバの中国での業績について、最新決算の内容を折り込みつつ、確認していきます。

2019年01月24日 07:00

契約社数1,000社突破!働き方改革SaaSで45.0%増収の「チームスピリット」1Q19決算まとめ

契約社数1,000社突破!働き方改革SaaSで45.0%増収の「チームスピリット」1Q19決算まとめ
売上3.9億円(45.0%)、営業利益0.1億円
契約社数が1,000社を突破、マザーズ上場企業の15.2%が顧客
コストの48.5%が人件費、19/8期の売上予想は18.7億円

先日、働き方SaaSプラットフォームを提供する「チームスピリット」(証券コード:4397)の2019年8月期1Qの決算が発表されました。

そこで今回はその業績やKPIの変化を中心に決算内容をまとめていきます。


2019年01月23日 07:00

飲食特化の求人サイトを運営!外食市場の拡大で21.1%増収の「クックビズ」2018年11月期決算

飲食特化の求人サイトを運営!外食市場の拡大で21.1%増収の「クックビズ」2018年11月期決算
飲食店に特化した求人広告の掲載、人材データベースに基づく人材紹介 
人件費関連が売上の43%を占める、営業CFはぎりぎりプラスを推移
外食産業の市場規模は26兆円、19/11期も20%以上の売上成長を予想

今回は飲食特化の求人サイト「cook+biz」を運営する「クックビズ」(証券コード:6558)の2018年11月期の通期決算についてまとめていきます。

クックビズの創業者は藪ノ賢次氏です。


2019年01月22日 12:00

売上の70%が手帳!業績の季節性が顕著な「ほぼ日」1Q19決算まとめ

売上の70%が手帳!業績の季節性が顕著な「ほぼ日」1Q19決算まとめ
売上は23.7億円(+13.9%)、営業利益は7.7億円(+37.0%)
手帳の売上が16億円(全体の69.2%)、手帳の販売は季節性が顕著
直販の売上が15億円(全体の63.6%)、海外での売上は26.6%増
季節性はコスト構造にも影響、文具・事務用品の市場規模は4,600億円台

先日、「ほぼ日」(証券コード:3560)の2019年8月期1Qの決算が発表されたのでまとめていきます。

売上は23.7億円(+13.9%)、営業利益は7.7億円(+37.0%)

さっそく業績の推移を確認していきます。

2019年01月20日 07:00

49.4%の増収を達成!タクシー車内広告も開始「ベクトル」2019年2月期3Q決算まとめ

49.4%の増収を達成!タクシー車内広告も開始「ベクトル」2019年2月期3Q決算まとめ
今四半期の売上は84億円(+49.4%)、営業利益は7億円(-36.8%)
全セグメントで売上を伸ばす、タクシーサイネージ事業もスタート
のれんの償却により販管比率が12.2%上昇、営業利益の進捗率は57.9%であるが予想の修正はなし

1月11日に、「戦略PR」をコア事業として展開する「ベクトル」の2019年2月期3Q決算が発表されました。

今四半期の売上は84億円(+49.4%)、営業利益は7億円(-36.8%)

さっそく業績の推移を確認していきます。

2019年01月19日 07:00

増収率40.6%!潤沢なキャッシュを背景に買収を進める「Atlassian」2Q19決算まとめ

増収率40.6%!潤沢なキャッシュを背景に買収を進める「Atlassian」2Q19決算まとめ
今四半期の売上は3.0億ドル(+40.6%)、営業損失はマイナス317万ドル
売上に占めるサブスクリプション収入の比率が50%を突破
急速な売上の伸びにより販管費率は減少傾向、買収によりのれんが2.0億ドル増加

今回は、チームコラボレーションツールを提供する「Atlassian」が先日発表した19/6期2Q決算についてまとめていきます。

決算の内容を確認していく前にまず株価について確認してみます。

2019年01月18日 07:00

増収率38.7%!禁煙化によりファミリー層7.4%増の「串カツ田中」2018年11月期決算

増収率38.7%!禁煙化によりファミリー層7.4%増の「串カツ田中」2018年11月期決算
18/11期の通期売上は76.7億円、営業利益は5.6億円
直営店の売上が15.0億円増加、禁煙化でファミリー層が7.4%増加
営業CFは安定的にプラスを推移、今期は3つの施策で売上97.0億円(+26.5%)を目指す

今回は、1月15日に発表された「串カツ田中」(証券コード:3547)の2018年11月期の通期決算についてまとめていきます。

18/11期の通期売上は76.7億円、営業利益は5.6億円

2019年01月17日 12:00

風力発電タービンで世界シェアNo.1!売上高1.2兆円を誇るデンマーク企業「Vestas」

風力発電タービンで世界シェアNo.1!売上高1.2兆円を誇るデンマーク企業「Vestas」
設立は1898年で元々は鍛冶屋だった。売上は1.2兆円、営業利益は1,522億円
売上原価率は80%超、営業CFは毎年1,250億円以上を稼ぎ出す
再生可能エネルギーの中で風力発電が最も伸びる、受注残高は3兆円に到達

今回は、風力発電タービンの開発・製造を行うデンマーク企業「Vestas」(ティッカーシンボル:VWS)についてまとめていきます。

まず世界の自然エネルギーの現状について確認してみます。

2019年01月13日 12:10

今年は「5G元年」!モバイルネットワークの歴史から5Gの3つのキーワードまで

今年は「5G元年」!モバイルネットワークの歴史から5Gの3つのキーワードまで
1G〜4Gまでのモバイルネットワークの歴史を簡単におさらい
5Gの鍵となる3つのキーワード:「高速大容量」「多接続」「低遅延」
①「高速大容量」:2時間の映画がたった3秒でダウンロード可能に
②「多接続」:5Gを基盤としたIoT社会が到来
③「低遅延」:自動運転や医療用ロボットの実用化に不可欠な条件

今回は今年から一部実用化が始まる「5G」についてまとめていきます。

5Gは自動運転、動画、AR・VR、医療ロボットなどの基盤を成すテクノロジーです。

2019年01月12日 07:00

増収率が83.9%に加速!19.5%の上方修正を発表した「UUUM」2019年度2Q決算まとめ

増収率が83.9%に加速!19.5%の上方修正を発表した「UUUM」2019年度2Q決算まとめ
今四半期の売上は45.7億円、営業利益は4.0億円
アドセンス収入が103%増加、イベント来場者数は65%増加
販管費率が前年から5ポイント減少。利益剰余金が10億円

1月11日に大物YouTuberを多く抱える「UUUM」(証券コード:3990)の2019年度2Q決算が発表されました。

(決算説明資料)

今四半期の売上は45.7億円、営業利益は4.0億円

2019年01月10日 12:00

今後売上が爆増?貨物用コンテナでスタバの店舗を作る「SG Blocks」

今後売上が爆増?貨物用コンテナでスタバの店舗を作る「SG Blocks」
コンテナを用いたプレハブ建築、工期の45%短縮と費用の20%削減に成功
売上の乱高下を受けコスト構造は不安定、現在の時価総額は1,242万ドル
アメリカの建設コストは上昇傾向、受注残高は1億ドルを突破

今回はアメリカ企業の「SG Blocks」(ティッカーシンボル:SGBX)についてまとめていきます。

まずはこちらをご覧ください。

一見何の変哲も無いように見えるスタバですが、実は貨物用のコンテナを用いて作られています。

2019年01月09日 07:00

売れ筋は100万円台のソファ!イタリアの高級家具ブランドとライセンス契約を結ぶ「カッシーナ・イクスシー」

売れ筋は100万円台のソファ!イタリアの高級家具ブランドとライセンス契約を結ぶ「カッシーナ・イクスシー」
多くの富裕層が惹かれるイタリアの高級家具ブランド「Cassina」
売れ筋は100万円前後のソファ、買収・事業譲受で売上が拡大
利益剰余金が35.5億円で負債・純資産の38.5%を占める
年収3,000万以上は1,169万世帯、売上拡大と粗利改善で大幅な営業利益増を見込む

今回は、イタリアの高級家具ブランド「Cassina」とライセンス契約を結ぶ「カッシーナ・イクスシー」(証券コード:2777)についてまとめていきます。

多くの富裕層が惹かれるイタリアの高級家具ブランド「Cassina」

まずカッシーナ・イクスシーがライセンス契約を結ぶブランドCassinaについて確認します。 

2019年01月08日 20:00

2社合わせて売上高18兆円越えの「ボーイング」と「エアバス」!欧米の2巨人を徹底比較

2社合わせて売上高18兆円越えの「ボーイング」と「エアバス」!欧米の2巨人を徹底比較
ボーイングの売上は934億ドル。エアバスの売上は761億ドル。
受注残高ではエアバスが大きくリード
粗利の大きい大型機の納入実績で勝るボーイングの方が売上原価率が低い
ボーイング・エアバスともにリージョナルジェット機のトップ2と提携へ

今回は、航空機産業の2巨人「ボーイング」と「エアバス」の数値データに基づき徹底比較していきます。

ボーイングの売上は934億ドル。エアバスの売上は761億ドル。

始めに2社の歴史について簡単に確認していきます。

2019年01月08日 07:00

市場規模2.6兆円のリユース市場で23期連続増収中!リユース品の買取販売を行う「トレジャーファクトリー」

市場規模2.6兆円のリユース市場で23期連続増収中!リユース品の買取販売を行う「トレジャーファクトリー」
リサイクルショップを展開、2018年の売上は164億円
個人買取が仕入全体の80%。ドミナント戦略で関東に全店舗の88.5%を出店
賃貸での店舗開発が基本方針
リユース市場の規模は2兆6,201億円。新規事業や海外進出の強化に取り組む

今回はリユースショップを展開する「トレジャーファクトリー」(証券コード:3093)についてまとめていきます。

(トレジャーファクトリー 公式HP)

リサイクルショップを展開、2018年の売上は164億円

2018年12月30日 07:00

ブラジルのEdtech企業!B2B2Cモデルで53%増収の「Arco Platform」

ブラジルのEdtech企業!B2B2Cモデルで53%増収の「Arco Platform」
2004年にブラジルで創業。2017年の売上は68.1億円
学校の学費に上乗せして親からサービス利用料を徴収するB2B2Cモデルを採用
ブラジルの私立学校の数は4万校(Arcoの協定校は現在1,140校)

今回はブラジルで私立学校に対し、教育ソリューションを提供するArco Platform(ティッカーシンボル:ARCE)についてまとめていきます。

Arco Platform 公式HP

2004年にブラジルで創業。2017年の売上は68.1億円

2018年12月26日 07:00

リアルタイム銃撃検知のSaaS企業!アメリカ警察の積極的な導入で53%増収の「ShotSpotter」

リアルタイム銃撃検知のSaaS企業!アメリカ警察の積極的な導入で53%増収の「ShotSpotter」
リアルタイムで銃撃を検知し、60秒以内に警察や大学などに通報。
銃撃事件が起きても80%は通報されない。銃撃事件は1日に1,000件近く発生。
ShotSpotterのサービス提供地域での銃撃事件が71%減少。サービスの提供範囲を2年で3.6倍にまで拡大。
売上原価率が19.2%減少。累積赤字はマイナス9,760万ドル。
18/12期の3Q 決算でも45.3%という高い売上成長率を維持。サービスの展開範囲を拡大し、年間収益18.6億ドルを目指す。

今回は2017年6月にNASDAQに上場し、アメリカで銃撃検知サービスを提供する「ShotSpotter」(ティッカーシンボル:SSTI)についてまとめていきます。

ShotSpotterは1996年にアメリカ・サンフランシスコで設立された企業です。

銃撃検知サービスの中では世界トップのシェア。