2018年11月25日 12:00

ワイン、ビールが飲めるアメリカの映画館!「iPic Entertainment」

ワイン、ビールが飲めるアメリカの映画館!「iPic Entertainment」
シートからお酒を頼め、チケットの値段は平均の2倍(20ドル)
入場者数(101万→305万人)と顧客単価が増加(18.8ドル→24.8ドル)
給与および手当の割合が27.6%を占める
サウジアラビアに進出予定、Netflixを映画館で見れるように

今回はアメリカで高級映画館を運営する「iPic Entertainment」(ティッカーシンボル:IPIC)についてまとめていきたいと思います。


2018年11月24日 20:00

これだけは知っておきたい!2018年にユニコーン入りした中国のスタートアップ

これだけは知っておきたい!2018年にユニコーン入りした中国のスタートアップ
Xpeng Motors:完全自動で駐車完了(評価額37億ドル)
Ximalaya:登録者数4億人の音声プラットフォーム(評価額:36億ドル)
Meicai:レストランと農家を直接マッチング(評価額:28億ドル)
Douyu:Eスポーツ動画配信(評価額:15億ドル)
Aihuishou:家電リサイクルプラットフォーム(評価額:15億ドル)
Yijiupi:B2Bリキュールマーケット(評価額:11億ドル)
Luckin Coffee:アプリでしか注文を受け付けないコーヒショップ(評価額:10億ドル)

先日、2018年にユニコーン入りした企業がTwitterで話題になりました。


2018年11月20日 20:00

遠隔医療サービスにも参入!複数のメディアを運営する「ポート」が新規上場

遠隔医療サービスにも参入!複数のメディアを運営する「ポート」が新規上場
売上は19.3億円(+105%)、経常利益は-1.4億円
キャリアサービスの売上増加(2.3億円→4.1億円)・ファイナンスサービスの売上増加(1.7億円→3億円)
販管費(100%→63.9%に改善)、原価率(35.4%→18.9%に改善)
新しくメディカルサービスを展開(メディア・遠隔治療・ダイエットサービス)

2018年11月16日、「ポート」(証券コード:7047)が上場承認を受けました。

今回は新たに上場する「ポート」についてまとめていきたいと思います。

2018年11月19日 12:00

売上成長率は驚異の201%!『マンガBANG!』を運営するAmaziaが新規上場

売上成長率は驚異の201%!『マンガBANG!』を運営するAmaziaが新規上場
売上は11.7億円に拡大、売上成長率は201%に到達
国内最大級のマンガアプリ『マンガBANG!』
完全無料のマンガアプリ『マンガEpic!』
アプリユーザー数が増加(164万→707万)、顧客単価も増加(93円→213円)
売上原価率・広告宣伝費ともに改善傾向
電子書籍の市場規模は3,150億円に成長する見込み

2018年11月14日に「Amazia」(証券コード:4424)が上場承認を受けました。

マンガBANG!

2018年11月18日 07:30

GoogleへのOEMで業績回復!電子ペンで世界トップシェアを占める「ワコム」

ブランド事業:映画やVR製作向け
OEM事業:GoogleへのOEM
OEM事業の伸びがワコムを牽引
コスト構造・財政状態
VRスケッチツールを開発中

今回は、電子ペンを製造する「ワコム」(東証1部:6727)についてまとめていきたいと思います。

ワコムHP

2018年11月17日 07:01

商品は全て5ドル以下!大谷翔平のボブルヘッドも作成する「Funko」

商品は全て5ドル以下!大谷翔平のボブルヘッドも作成する「Funko」
2017通期売上は5.1億ドル(+21%)、営業利益4,215万ドル(営業利益率: 8.1%)
Fukoの強みは130社以上と結ぶライセンス契約。売上の15%をライセンス料として支払
ライセンス獲得の秘訣はプロトタイプのスピード。「おもちゃのサブスク」もスタートし、意外にも女性顧客が半数以上
全体売上の80%を占めるフィギュアが圧倒的な人気。買収により欧州での売上が89%増加し、海外進出も順調
時価総額は4億ドル程度
アメリカのおもちゃ市場は255億ドル。中国に2倍以上の差をつける巨大市場

今回はアメリカでフィギュアなどを販売する「Funko」(ティッカーシンボル:FNKO)についてまとめていきたいと思います。

Funko

2017通期売上は5.1億ドル(+21%)、営業利益4,215万ドル(営業利益率: 8.1%)

2018年11月15日 12:00

Tinderの有料会員数が61%増加!「Match Group」2018年3Q決算

Tinderの有料会員数が61%増加!「Match Group」2018年3Q決算
四半期売上は4.4億ドル(+29.4%)、営業利益1.4億ドル(+55.6%)
『Tinder』有料会員数は411万人(+60.5%)、グループ全体では809万人(+23.3%)
『Tinder Gold』好調でARPUが5.5%上昇
ARPU向上で北米の成長が加速中
コスト構造と財政状態
新アプリ『Hinge』のDL数は前年比5倍

『Tinder』などのデーティングアプリを運営する「Match Group」(ティッカーシンボル:MTCH)の2018年3Q決算が発表されました。

2018年3Q決算説明資料

四半期売上は4.4億ドル(+29.4%)、営業利益1.4億ドル(+55.6%)

2018年11月12日 12:00

今あるテレビ番組は全てストリーミング化される!?「Roku」2018年3Q決算

今あるテレビ番組は全てストリーミング化される!?「Roku」2018年3Q決算
「Platform」収益が74%増収
無料の『The Roku Channel』が成長
コスト構造と財政状態
テレビは全てストリーミング化される

アメリカの大手ストリーミングサービス「Roku」(ティッカーシンボル: ROKU)が2018年3Q決算を発表しました。

Roku

2018年10月25日 12:00

学生生活ではAmazon以上に必須!アメリカで急速に拡大する大学生向けオンライン教育サービス「Chegg」

学習からインターンシップまでサポート
『Chegg Services』売上は2年で倍増
自社での仕入販売から撤退してコスト構造が改善
財政状態
アメリカ大学産業の市場規模は960億ドル

今回はアメリカで大学生向けのオンライン教育サービスを提供する「Chegg」(ティッカーシンボル:CHGG)について取り上げます。

Chegg 公式HP

2018年10月23日 12:00

ライドシェアの市場は100兆円に!カーシェア版Airbnbを目指す「HyreCar」が上場

車の貸し手と借り手をマッチング
売上の半分を保険料が占める
コスト構造と財政状態
2030年のライドシェア市場は1兆ドルに

今回は、2018年6月にナスダックに上場した「HyreCar」について取り上げたいと思います。

HyreCarは車を貸したい人と車を借りて収入を得たい人をマッチングするサービスで、簡単にいうとカーシェアリング版Airbnbといったところです。

2018年10月22日 12:00

年収15万ドル以上の家庭がターゲット!アメリカでスマート家電を販売する「Control4」

アプリで家中の家電をコントロール
取扱店舗が堅調に増加
コスト構造と財政状態
スマート家電市場規模は270億ドルに

前回、中国のスマート家電メーカー「Viomi」を取り上げました。

今回はViomiに引き続き、アメリカのスマート家電メーカー「Control4」についてまとめていきたいと思います。

2018年10月15日 12:00

18歳からクッションを研究!元祖「人をダメにするソファ」をアメリカで販売する「Lovesac」が新規上場

最大4人を収容できるクッション
ショールームは屈指の収益性
コスト構造と財政状態
市場規模が1275億ドルに拡大

2018年6月25日、アメリカで家具を販売する「Lovesac」がナスダックに新規上場しました。

Lovesacのティッカーシンボルは「LOVE」。もっとも美しいティッカーかもしれません。

2018年10月03日 12:00

IoTスマート家電で未来の家を再定義!中国全土で700店舗を展開する「Viomi」が新規上場

F2Cビジネスモデル
Xiaomi製品の販売が売上の半分を占める
三つの製品カテゴリ
原価率は高いが黒字
中国スマート家電の市場規模は14兆円

2018年9月25日、IoTスマート家電を販売する中国企業「Viomi」が新規上場しました。

Viomiは2014年に設立され、現在は中国全土に700店舗ほどの販売ネットワークを展開しています。

2018年10月01日 20:00

2023年には2倍の市場規模に!800社超が参入した戦国時代真っ盛りの「MVNO」まとめ(前編)

MVNOとは
MVNOの歴史:日本電信が日本初のMVNOを開始
MVNOはどのくらい広まっているのか?
「安さ」と「販売チャネル」がMVNOの特色

今回取り上げるテーマは、「格安スマホ」や「格安SIM」などで注目を集める「MVNO」分野です。

MVNOとは「Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)の略で、携帯電話などの通信インフラを他社から借り受けてサービスを提供する事業者のこと。

2018年09月23日 21:00

松岡修造氏の曽祖父で阪急電鉄を作った「小林一三」が創業!不動産事業も展開する「東宝」

天才アイデアマン『小林一三』
東京宝塚劇場として「東宝」が誕生
『君の名は。』『シンゴジラ』で好調な映画事業
賃貸利益は44%を誇る不動産事業
財政状態:3000億円もの利益剰余金
最新技術の導入やNETFLIXとの協業
参照

今回は映画・不動産事業を展開する「東宝」についてまとめてみたいと思います。

天才アイデアマン『小林一三』

2018年09月13日 20:00

いきなり!ステーキ『肉マイレージカード』も導入!プリペイド決済システムの「バリューデザイン」

海外出張でプリペイドカードの可能性を発見
バリューASPサービス
財政状態:営業CFは2.1億円に
展望:キャッシュレス化を追い風に成長を

「バリューデザイン」は、企業向けにプリペイド決済システムを提供する会社です。

バリューデザイン

2018年09月04日 12:00

決済激動時代に攻めの経営を推進!かつて「丸井」のライバルだったクレカ企業「クレディセゾン」

月賦百貨店として誕生し、金融事業に転換
クレジットカード2700万枚を発行
ここ3年で借金2兆円弱に拡大した「攻め」のファイナンス
経営危機を経験しているからこそ?非連続的な変化を志向

今回は、国内の大手クレジットカード会社「クレディセゾン」について取り上げたいと思います。

クレディセゾンHP

2018年09月02日 20:10

高額紙幣廃止によってキャシュレス化が進行!ソフトバンク、グーグルが目を光らせる「インド」決済市場

キャッシュレス化が進まない背景
改革:高額紙幣廃止・デジタルインド計画・国民ID計画
インドでの決済手段
展望:インドのモバイル決済市場

前回まで韓国のキャッシュレス化のあゆみや中国がモバイル決済大国になった経緯などを調べてきました。


2018年09月02日 12:00

パチンコ業界トップシェア「マルハン」の売上は1.5兆円!2兆円もの市場規模を誇るパチンコ業界のあゆみと現状

ヨーロッパから来たボードゲームが独自に進化
縮小を続けるパチンコ市場
パチンコ業界大手2社:「マルハン」「ダイナム」
インバウンドに向けた取り組み

以前、日本のカジノ関連企業を調べていく中で、日本のパチンコ市場の大きさに衝撃を受けました。

今回はその国内パチンコ業界について取り上げていきたいと思います。

2018年09月01日 20:00

45歳の時に銀行員から起業家になることを決意!国内決済ソリューションを提供する「ビリングシステム」

45歳のとき銀行員を辞め、起業を決意
伸びる「クイック入金サービス」と「NFCカードリーダー」
現預金が総資産の86%を占めるキャッシュリッチ企業
スマホ決済アプリ「Pay B」に力を入れる

今回は国内向けに決済ソリューション事業を運営する「ビリングシステム」を取り上げていきたいと思います。

(ビリングシステムが提供する決済アプリ「PayB」)